VapeHunt Media
リキッド

2020-06-28更新

リキッドとは?電子タバコに必要なアイテムを紹介

電子タバコを利用するには本体(MOD)の他に電子タバコ用のリキッドが必要になります。リキッドの成分やどこで購入できるのか?など詳しく紹介します。

電子タバコのリキッドとは?

電子タバコのリキッドとは、電子タバコ利用時に使う液体状のもの。

これを本体から供給した電力で加熱し、ミスト(水蒸気)を発生させ吸引します。

タバコ味、フルーツ味など様々なフレーバーがあり「吸うアロマ」とも言われます。

国内と海外のリキッドは違う?

この電子タバコリキッドには国産や海外産のものがあります。海外産ではアメリカ、ヨーロッパ、中国、ファイリピンなど様々。

ただ、国産の電子タバコリキッドは法律の関係上、ニコチンが添加されていない点が海外産との違いとなります。

海外産はニコチン入りのものが多いですが、国産はノンニコなので注意しましょう。

人によっては個人輸入してニコチン入りリキッドを楽しむ人もいます。

リキッドの成分

そもそも電子タバコのリキッドはどんな成分で構成されているのでしょうか?

リキッドのボトルにはBG / PGという記載があります。

これは植物性グリセリン(BG)とプロピレングリコール(PG)を意味します。

両成分は化粧品や薬のカプセルの素材、おにぎりの保存料などに使われ人体には無害です。

リキッドの購入場所

電子タバコのリキッドはどこで購入できるのでしょうか?

残念ながらコンビニやスーパーで手軽に購入できるものではなく、販売されている場所は限られます。

  • 電子タバコ専門店
  • ネットショッピング
  • ドンキホーテ

Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどネットショッピングを利用すれば手軽に購入することができます。

ネットで買い物をすることで当たり前となった昨今ではハードルは高くないでしょう。

実店舗で購入する場合は電子タバコ専門店などが選択肢にあります。

スタッフの方と話しながらおすすめのリキッドを選べるのもメリットの1つと言えます。

しかし、地域によっては電子タバコ専門店がないケースもあります。

意外ですが、ドンキホーテでも電子タバコリキッドは販売されています。