VapeHunt Media
電子タバコとは

2020-06-27更新

電子タバコとは?

電子タバコとは?という点を深く掘り下げて紹介。一般的にはあまり馴染みのない電子タバコですが、禁煙目的、ファッションなど様々なシーンで活用されています。近年、紙巻タバコに対する風当たりが強くなっているのも追い風になっています。当記事では電子タバコの特徴や使用するメリット・デメリットを詳しく紹介します。

電子タバコとは?

電子タバコとはリキッドを電気で加熱してミスト(水蒸気)を発生させ、発生したミストを吸引するもの。

ざっくり「吸うアロマ」と表現する人もいます。

加熱するリキッドは主に植物性グリセリンとプロピレングリコールで構成されています。

この両成分は化粧品や薬のカプセル、おにぎりなどで使用され人体に無害な成分と言われています。

日本と海外では電子タバコが違う?

日本以外でも海外で人気の電子タバコですが、日本と国外では状況が少し違います。

と言うのも、海外の電子タバコリキッドはニコチンが入っているのがほとんど。

一方、日本で販売されている電子タバコリキッドは法律の関係でニコチンが含有されていません。

電子タバコのヘビーユーザーの中には直接、海外からニコチン入りリキッドを個人輸入しているユーザーもいます。

電子タバコを利用するメリット

それでは電子タバコを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

一番のメリットは(日本国内に限定するならば)、ノンニコチンで利用できるところでしょう。

近年、喫煙に対する規制強化に伴い、禁煙に挑戦する人は増加傾向にあります。

ノンニコチンで利用できる電子タバコはそういった意味で歓迎されています。

そして、もう1つのメリットは「無限のカスタマイズ」ができること。

例えば、紙巻タバコはコンビニで銘柄を購入し、喫煙すればそこで終わりです。

一方の電子タバコは本体・アトマイザー・リキッドなど組み合わせはほぼ無限大。

VAPER(ベイパー:電子タバコ愛好家)と呼ばれる人たちは、自身の嗜好に合ったカスタマイズを楽しんでいます。

電子タバコのデメリット

一方で電子タバコにはデメリットもあります。

先ほどメリットの項で無限のカスタマイズ性と触れましたが、逆に選択肢が多いが故に初心者にとっては分かりづらいという面もあります。

  • どの本体を選べばいいのか?
  • どのアトマイザーを組み合わせればいいのか?
  • どのリキッドが美味しいのか?

など初心者にとってハードルが高いのも事実。

また、紙巻タバコと異なりコンビニで購入して火を点けて喫煙開始というわけにはいかず一式揃える必要があるので価格は高くなります。

電子タバコはどこで購入できる?

あなたが電子タバコを始めようと思った場合、どこで購入できるのでしょうか?

電子タバコはコンビニやタバコ屋では販売されていません。

  • 電子タバコ専門店
  • ドンキホーテ
  • ネットショップ

上記の場所で購入することができます。電子タバコ専門店の場合は、スタッフに商品選びや使い方などアドバイスが貰えるので初心者におすすめ。

ただ、初見だと入りづらいという声も聞きます。(筆者もそうでした...)

ドンキホーテーなんかは敷居は高くありませんが、スタッフとのコミュニケーションは望めないでしょう。

どちらも一長一短ですね。

また、アマゾンや楽天市場などのネットショップでも販売していますがこちらも玉石混交。

信頼の置けるショップを見つけることをおすすめします。